AR+モードでポケモンを捕まえる (iOS 端末のみ対象)

今までにない方法で Pokémon GO を現実世界へ

AR+モードは、現実世界の中でポケモンが本当にトレーナーの目の前にいるように見える拡張現実機能の強化バージョンです。 ポケモンまで歩いて近づくことができるので、近くからエクセレントスローボーナスを狙ったり、お気に入りの写真を撮ってみてください。 ポケモンはトレーナーの動きに気づいています。ゆっくり慎重に近づいてください。 ポケモンにすばやく近づこうとすると、ポケモンはおびえて逃げてしまうこともあります。ゆっくり近づいて、ポケモンを捕まえましょう。

注意: AR+モードは現在のところ、iOS 11 以降にアップデートしている iPhone 6s 以降のモデルのみで体験できます。

AR+モードと ARモード

AR+モード

ARplus_preview.jpg

AR+モードでは、ポケモンは現実世界の特定の位置に固定されて表示されます。トレーナーは目の前にあらわれたポケモンに対して、近づいたり周りを歩いたりすることができます。

ポケモンは、トレーナーがどのくらいの速さで近づいてきているか、どれくらい近くまで来ているかに気づいています。

ARモード

AR_preview.jpg

ARモードでは、ポケモンは現実世界の特定の位置に固定されて表示されません。

ポケモンはトレーナーの位置や動きに気づいていません。


AR+モードでポケモンを捕まえる

  1. ポケモンの周辺を確認する。

    AR+モードでポケモンを捕まえるためには、トレーナーはポケモンへ近づく必要がありますが、事前にポケモンがいる場所まで安全に近づけるかを確認してください。

  2. AR+モードを有効にします

    始めるには、AR+モードを有効にします。 AR+モードをサポートしている端末で初めてポケモンと遭遇すると、AR+モードを有効にするか確認するメッセージが表示されます。 有効にしなかった場合でも、Pokémon GO アプリ内の設定メニューからいつでも AR+モードを有効にすることができます。

    ARモードに戻るには、設定メニューから、AR+設定オプションのチェックを外します。

  3. 周辺の環境を検出する

    ポケモンがAR+モードに表示される前に、ご使用の端末でトレーナーの周辺を検出する必要があります。 カメラを使用して周囲をゆっくりと見て、平坦で開けた場所 (地面や卓上など) を必ず含めてください。 ご使用の端末が平面を検出すると、画面に背の高い草むらが表示されます。

    ARplus_mode_step1.png
  4. ポケモンを見つける

    ポケモンは草むらの中に隠れています。草むらをタップして、中に隠れているポケモンを見つけましょう。

  5. 慎重に近づく

    ポケモンはびっくりしやすいので、そっと近づいて、驚かせるような素早い動きをしないようにしましょう。ポケモンの警戒心のメーターを低い状態に保ちながら、ポケモンに近づいてください。

    ARplus_mode_step3.png

    ポケモンの警戒心メーターがいっぱいになると、ポケモンは逃げ去ってしまうか、背の高い草の中に引きこもってしまいます。 ポケモンの警戒心を高めることなくうまく捕​​まえることができれば、エキスパートハンドラーボーナスとして、いつもより多くの「ほしのすな」と XP をもらえます。

    また、「ナナのみ」を与えることで、ポケモンの警戒心を下げることもできます。

  6. モンスターボールを投げる

    野生ポケモンと遭遇したときと同じように、ポケモンにモンスターボールを投げましょう。 うまくいけば、ポケモンを捕まえられるでしょう。


AR+モードについてのヒント

  • 周辺が暗すぎると、カメラがすべての詳細を写すことができない場合があります。Pokémon GO が現実世界の環境を検出できない場合は、明るい場所に移動してください。
  • 端末のカメラを平坦で開けた場所に向けましょう。障害物や凹凸のある場所は避けてください。
  • 平面を検出するときは、ゆっくりとカメラを動かして周囲を写してください。速い動きや、不安定な動きを避けてください。
  • 最高の AR+モードを体験するには、iOS 11.0.1 を iOS 11.0.2 以降に更新することをおすすめします。